ドライテックマガジン (BLOG)

ドライテックが高いという勘違い!実は土間コンと費用は変わらない!?

「ドライテックって高いんでしょ?水勾配を作らなくていいとかメリットは沢山あると思ったけど、高いなら普通の土間コンにしようと思ってます。何か安く買える方法とかあれば良いんですが...」

そんな疑問にお答えします。

ドライテックについてはネットで検索すれば色々な情報が出ていますが、唯一はっきりしない点なのが、費用についてです。

ドライテックの機能性がかなり優れているので、多くの人は「土間コンクリートよりもドライテックのほうが高い」と先入観で思っているかもしれませんが、実は勘違いであるケースも多いです。

今回は、その理由について解説するとともに、ドライテックをより安く買う方法まで紹介していきます。

 

ドライテック=高いは勘違いです【ドライテックVS土間コンの費用】

多くの人は「ドライテックは高い」というイメージをお持ちだと思いますが、実は勘違いという場合があります。

というのは、施工費用を含めた全体の金額で言うと、土間コンクリートと変わらないケースもあるからです。

確かに材料費に限って言えば、ドライテックには特殊な素材が配合されているので、普通の土間コンクリートよりは高価です。

まず、ドライテックと土間コンクリートの材料の価格差はどの程度なのか?

一般的に、ドライテックは土間コンクリートに比べて、1㎥あたり20,000円程度も高価です。

材料費はこれだけ価格差はありますが、実はドライテックのほうが施工費用自体は安く済むのです。

それはまず、ドライテックの施工にかかる時間が、土間コンクリートよりもはるかに短いという点。

土間コンクリートでは完成までに数日かかるところが、ドライテックの施工時間は数時間で終わることもあります。

土間コンクリートもドライテックも、地面の転圧や砕石の敷き込み・残土の運搬処理処理は必要になりますが、補強用のワイヤーメッシュを入れることがドライテックにはありません。

これらにかかる材料費と、その人件費がかからない分、ドライテックの施工費用は安くなります。

それだけではなく、ワイヤーメッシュを入れないということは、生コン車が打設場所に直接入ることができるメリットもあります。

ワイヤーメッシュを配置した土間コンクリートには、生コン車が直接入ることはできません。

離れた場所から一輪車などで生コンを運ぶ必要があるため、かなりの手間と時間がかかり、その分の人件費もかかるため、この差は大きなものです。

また、土間コンクリートの場合は、排水にも気を配らなければならないので、水勾配をつけることはもちろん、排水溝を設置することもあります。

これらのことを考慮に入れると、最終的な施工費用の総額がほぼ変わらないという現場もあったりするのです。

 

現場によってはドライテックのほうが安くなることも!

説明したように、ドライテックが高いというのは、現場の条件によって勘違いだったりします。

もしかしたら、ドライテックのほうが安く上がることもありますし、その一方で、ドライテックのほうが高くなることもあります。

それぞれの具体例を見てみましょう。

ドライテックのほうが安くなるケースというのは、土間コンクリートとともに排水溝を設置しなければならない場合です。

ドライテックは透水性があるので、排水溝がなくても水はけに困らないため、その分の施工費用がかからないので、土間コンクリート工事の費用のほうが高くなることがあります。

ただ、一般的にはやはり、ドライテックのほうが高くなるケースのほうが多いです。

材料費は土間コンクリートより2倍ほど高い、ただし施工費用は安く済むというのをまとめて総額で言うと、土間コンクリート施工と比べてドライテック施工のほうが1.5倍くらいの金額の見積もりになることが多いです。

あとは、地域性が原因になることがあります。

ドライテックの材料費自体も地域によって違いますし、狭い現場が多い都心だと運搬や施工が手間となるのでそれだけ高くなりますし、その点は地方のほうが簡単に済むので安く上がります。

また、ドライテックは大手の建設業者に一般的に広まっているとは言えない建材なので、施工できる業者の数には地域格差があります。

近隣にドライテックの施工の実績が豊富な業者がない場合は、土間コンクリートの施工しか行ったことがない業者に依頼することになるかもしれません。

その場合、材料の仕入れから作業の段取りまで、慣れない工程を組むことになり、工賃が高くなる可能性があります。

ドライテックの施工実績があったとしても件数が少ないために、工賃は業者ごとに異なり、高く見積もられてしまう可能性があるのです。

実際のドライテックの費用や見積もり事例は、下記の記事で詳しく紹介しています。

ドライテックの費用と相場について【実際の見積もり事例も紹介】

「ドライテックの駐車場を検討しています。2台分のスペースで30平米ほどです。どれくらいの費用がかかりますか?」 そんな疑問にお答えします。 今回は一番問い合わせが多い「ドライテックの費用」についての記 ...

続きを見る

 

ドライテックを限界まで安く買う方法

ドライテックが高いというイメージをお持ちの方のために、できる限り安く施工する方法を解説します。

最も費用を安くする方法は、施工をDIYで挑戦することです。

実はドライテックはホームセンターでも注文が可能で、最低限の道具をそろえればDIYでも施工できるのです。

使用する道具は、スコップ・コテ・型枠用の木材・ベニヤ板があれば最低限の施工が可能です。

下地を造るための「プレートコンパクター」と呼ばれる転圧機は、建設機械のリース会社でレンタルすることができます。

生コンの状態のドライテックは、「ハンドミキサー」と呼ばれる機械をレンタルするか、業者に依頼してミキサー車で現場まで運んでもらいます。

最低限これだけの準備をすれば、DIYでもドライテックの施工が可能です。

ただし、DIYは全ての方におすすめする方法ではありません。

ドライテックの舗装をする前には、現場を下準備しなければならないので、いくつかの工程が必要です。

植栽の伐採・すきとり・残土処分・下地作りなどをしっかり行って、それからドライテックの舗装、という一連の工事をしなければなりません。

かなりの手間がかかり重労働でもあるので、最後まで集中して作業を行うのは大変です。

また、ドライテックの舗装を高精度で行うには、それなりの技術も必要で、失敗する可能性も高いのです。

このような理由から、最初からDIYでやり切れるかというと、かなり難しいと言えます。

それでもやってみたいという方は、ドライテックのDIYに挑戦してみてください。

【ドライテックのDIY】かかる費用や手順について解説【難易度高】

「ドライテックで駐車場をDIYしたいです。どれくらいの費用がかかりますか?また手順についても教えてください。」 そんな疑問にお答えします。 この記事を読むメリットはこんな感じです。 ドライテックのDI ...

続きを見る

 

まとめ

ドライテックが高いというのは勘違いで、実は土間コンクリートとほとんど費用が変わらないというケースもあったりします

現場の状況によってはドライテックのほうが安いこともあり、まずはドライテックと土間コンクリートの見積もりを両方取って判断すると良いでしょう。

費用の安さを求めてドライテックをDIYで挑戦する方法もありますが、十分に予備知識を身に着けたうえで行わないと、失敗のリスクがあるので注意してください。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ドライテックマガジン (BLOG)
-,

© 2022 ドライテック東京 Powered by AFFINGER5