ドライテックマガジン (BLOG)

家の駐車場にはアスファルトとコンクリートどっちが良いの?

「家を新築したんですが、2台分のスペースの駐車場をアスファルトにするかコンクリートにするか迷っています。金額はアスファルトのほうが安いということを言われたんですが、どちらがどういうメリットがあるか教えて頂けないでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリットはこんな感じ。

・アスファルトとコンクリートの違いが分かる

・アスファルトとコンクリートの工事工程や値段の差が分かる

・自宅の駐車場スペースに最適なのはどちらか分かる

結論から言うと、2台分ほどの自宅の駐車場スペースであればコンクリート舗装がおすすめです。

ではなぜコンクリートがおすすめなのか?、アスファルトとコンクリートにどんな違いがあるのかなどを深掘りして解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

そもそもアスファルトとコンクリートの違いって何なの?

アスファルトは、原油を精製したときにできる半固形状の成分と、砕石などの骨材を混合したもので、高温の状態から冷して固めて地面を形成します。

アスファルト

色は黒っぽくて、道路では一般的に使用されており、面積の広い駐車場にも多く使用されています。

アスファルトは初期費用が比較的安いこと、施工後数時間で使うことができて、排水性が高いというメリットがあります。

ただ、耐久性にやや問題があり轍やひび割れができやすいので、定期的なメンテナンスが必要なことと、熱を貯めやすいので真夏の昼間は相当な高温になり、触ると火傷をするというデメリットがあります。

一方のコンクリートは、セメントに砕石などの骨材と水を混ぜ、打設後に数日間養生して固まることにより硬い面を形成します。

コンクリート

色は無機質なグレーぽい感じで、駐車場によく使用されており、特にビルなどの地下にある駐車場の多くはコンクリートで造られています。

非常に硬く耐久性が高いので、長い期間使用でき、特別なメンテナンスも必要ないというメリットがあります。

ただ、柔軟性がなく引っ張りや曲げには弱いため、補強のために鉄筋を入れる必要があるので、初期費用が高くなりがちなのと、雨に濡れると滑りやすいというデメリットがあります。

 

アスファルトとコンクリートの値段の差は?

駐車場を施工する場合、アスファルトとコンクリートでは値段に差があり、結論から言うとアスファルトのほうが安いです。

値段の差が生じる理由としては、施工方法の違いがあります。

 

アスファルトの駐車場を施工する場合は、まず地面を約15cm掘削し、砕石を約10cm敷き詰めて転圧します。

その上に約5cmの厚さにアスファルトを敷き詰め、転圧してから約50℃に冷え固まるのを待てば完成です。

一方でコンクリートの駐車場を施工する場合は、まず地面を約20cm掘削し、砕石を約10cm敷き詰めて転圧します。

その上にワイヤーメッシュや鉄筋といった補強材を配置し、約10cmの厚さにコンクリートを打設したあと、コテでならして数日間養生します。

このようにアスファルトとコンクリートでは、駐車場を施工するときに地面を掘る深さの違い、補強材料の有り無しなどの違いがあるのです。

一般的に施工にかかる値段は、アスファルトは1㎡あたり約5,000円、コンクリートは1㎡あたり約10,000円ほどかかります。

コンクリートで駐車場を施工する場合のほうが手間と材料が多いため、やや高くなっています。

 

自宅の駐車場スペースの工事費用の例

自宅の駐車場スペースを舗装する場合、アスファルトとコンクリートでは工事費用がそれぞれどの程度かかるのか、一例を見てみましょう。

ここでは、乗用車2台分のスペースの駐車場を舗装すると仮定して、24㎡として計算します。

まず、アスファルトの場合です。

  • 掘削(500円/1㎡)500×24=12,000円
  • 残土処分(1,000円/1㎡)1,000×24=24,000円
  • 敷き詰める砕石(400円/1㎡)400×24=9,600円
  • アスファルトの舗装(3,000円/1㎡)3,000×24=72,000円

これらを合計すると、117,600円になります。

 

次にコンクリートの場合です。

  • 掘削(500円/1㎡)500×24=12,000円
  • 残土処分(1,500円/1㎡)1,500×24=36,000円
  • 敷き詰める砕石(400円/1㎡)400×24=9,600円
  • コンクリートの舗装(8,000円/1㎡)8,000×24=192,000円

これらを合計すると、249,600円になります。

 

これらはあくまでも一例であり、施工する場所の状況によっても値段は変わってきます。

施工する前に整地が必要であったり、駐車場に車止めを追加する場合などは別途料金が加算されることがあります。

 

自宅の駐車場にはどっちが良いか?

自宅の駐車場を舗装する場合、アスファルトとコンクリートのどちらが良いかは、結論から言うとコンクリートがおすすめです。

コンクリートは耐久性が高いので、メンテナンスがほとんど必要ないからです。

アスファルトは耐久性に問題があるため、たとえ初期費用が安価であっても、経年劣化によるひび割れが生じたり、轍ができたりします。

そのために補修が必要になるので、長期的な視点で見るとコンクリートのほうが経済的です。

ただし駐車場経営する場合はアスファルトも有効な選択肢になります。

定期的な収入が得られるため、メンテナンス費用に充てることができることと、特にアスファルトの場合は土地が広ければ広いほど施工の工賃が割安になるからです。

 

透水性コンクリート(ドライテック)を選ぶ人が増えている 

ところで、透水性コンクリート(ドライテック)というものをご存じでしょうか。

コンクリートの欠点であった排水性の悪さを克服した新しいタイプのコンクリートで、最近自宅の駐車場に使用する人が増えていると話題になっています。

ドライテックは一般的なコンクリートのように表面が滑らかではなく、砕石がむき出しになったざらざらとした表面で、見た目はアスファルトが灰色になったような印象です。

コンクリートでありながら水分を透過させる特徴があり、特殊な素材を混合させたポーラス構造と呼ばれるコンクリートが打設されています。

ドライテックには透水性があるために、一般的なコンクリートの駐車場のように施工時に勾配をつけなくても良いことや、工期が短くて済むなどのメリットがあります。

また、一般的なコンクリートのように水に濡れても滑らないので、小さなお子さんや高齢者の方の転倒リスクが少ないという理由でもおすすめです。

このように魅力的なドライテックですが、実は施工費用が一般的なコンクリートと変わりません。

材料費は少し高価ですが、一般的なコンクリートのようにワイヤーメッシュを必要としないことと、工期が短いので人件費が安く済むためです。

良いことづくめのドライテックは、自宅の駐車場におすすめです。

 

まとめ

自宅の駐車場を舗装する場合は、多少高価であってもアスファルトよりもコンクリートを選択することがおすすめです。

さらに、コンクリートの中でもドライテックを使用すれば、コンクリートの欠点である排水性の悪さを気にする必要がないこともお分かりいただけたと思います。

この記事を参考にしていただき、自宅の駐車場を魅力的にリメイクしてみてはいかがでしょうか。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ドライテックマガジン (BLOG)
-, ,

© 2022 ドライテック東京 Powered by AFFINGER5