ドライテックマガジン (BLOG)

【犬走りの水たまり】対策方法を5つ紹介します。

「庭の傾斜がないせいなのか、雨が降ると犬走りに水が溜まってしまい中々はけません。去年に建て替えたばかりなんですが、古い家の時は気にしてなかったんですが、新しく建て替えてからまとまった雨の時などに、水が溜まってしまい、家の基礎が傷んでしまわないか心配です。何か犬走りの水たまりに良い対策方法はないでしょうか?」

そんなお悩みにお答えします。

今回はわりと多くの人が悩んでいる「犬走りの水たまり」の対策方法についてまとめてみました。

 

犬走りは水たまりができやすい...

犬走りには水たまりができやすいと言われていますが、その理由はしっかりと水勾配を取っていないからです。

犬走りは住宅の周囲を囲むようにある幅数十cmの場所のこと。

非常に狭い場所であるため、住宅の新築時には施主も施工業者もあまり目が行き届きません。

そのため、施主は費用を抑えるために、工事を業者任せにしてしまうことが多いのです。

業者にとっても、狭い犬走りに水勾配をつけることは簡単ではないので、特に注文がない限りは緻密な水勾配をつけないまま施工します。

その結果、犬走りに水たまりができやすくなるのです。

また犬走りに水たまりができると、次のような2つの弊害があります。

 

1. カビや苔が発生する

犬走りは住宅を囲んでいるので、必ずどこかが日陰になります。

日陰に水が貯まると乾きにくく、じめじめした環境になり、カビや苔が発生しやすくなるのです。

狭い犬走りでカビや苔が発生すると、掃除をすることも大変で、カビは健康被害の原因になる可能性もあります。

 

2. 蚊が発生する

蚊の幼虫のボウフラは、わずかな水たまりがあれば成長することができ、早くて3日で成虫になります。

蚊の発生は不快なだけではなく、伝染病が広がる危険性もあり、自宅だけではなく近隣にも迷惑となるので注意が必要です。

以上のように、犬走りに水たまりができると決して軽視できない弊害があるため、後悔しないように施工しなければなりません。

 

【犬走りの水たまり】対策方法を5つ紹介します。

犬走りに水たまりができないようにするためには、次の5つの方法があります。

1.砂利を敷く

2.固まる土を使う

3.浸透ますの設置

4.コンクリート舗装

5.ドライテック舗装

それぞれの方法について詳しく紹介します。

 

1.砂利を敷く

犬走りに砂利を敷くことにより、水たまりができないようにすることができます。

雨が降っても水が砂利の中に浸み込んでいくので、水たまりができません。

砂利を敷くことにより雑草も生えにくくなり、歩くと足音がするので侵入者に対する防犯対策にもなります。

費用も安価で、DIYで施工することができます。

固まる土のメリット・デメリット【使っていい場所ダメな場所も解説】

「固まる土のメリットとデメリットが知りたいです。駐車場の目地と、家とフェンスの間の雑草取りが面倒なので固まる土を検討しています。」 そんなお悩みにお答えします。 最近よく耳にする「固まる土」、ホームセ ...

続きを見る

 

2.固まる土

ホームセンターで販売されている「固まる土」を敷くことも1つの方法で、DIYでも施工が可能です。

固まる土にはたくさんの種類があり、色・成分・材質など、自分に合った商品を選べることが魅力。

固まる土にはわずかに透水性があり、少量の水分は地中に通すので、水たまりができにくくなります。

ただし、大雨が降ると水たまりができやすいので、施工するときに水勾配をつける必要があります。

固まる土のメリット・デメリット【使っていい場所ダメな場所も解説】

「固まる土のメリットとデメリットが知りたいです。駐車場の目地と、家とフェンスの間の雑草取りが面倒なので固まる土を検討しています。」 そんなお悩みにお答えします。 最近よく耳にする「固まる土」、ホームセ ...

続きを見る

 

3.浸透ますの設置

犬走りに浸透ますを設置することにより、排水性を高めて水たまりをできにくくする方法もあります。

犬走りが土の状態であれば可能で、排水効果は高く、地面を掘り起こして浸透ますと浸透層を埋める工事はDIYでも可能です。

ただし、工事にはやや技術が必要で、施工する前に十分な下調べを行っておいたほうが良いでしょう。

 

4.コンクリート

犬走りをコンクリートで固める方法は多くの宅地で行われています。

耐久性が高く、雑草対策にもなり、一度施工してしまえばほぼ永久に使用することができます。

ただしコンクリートは水を通さないので、水たまりができないようにするためには水勾配をつけなければなりません。

場合によっては排水溝などの水の通り道も必要になるでしょう。

施工は業者に依頼する必要があり、費用も他の方法よりは高価になります。

庭をコンクリートにするメリット・デメリット【芝や砂利とも比較】

こんにちは。ドライテックマガジン編集部です。 今回は「家の庭をコンクリートにするかどうしようか悩んでいます。コンクリートにするメリットやデメリットを教えてください。」 といったお悩みにお答えします。 ...

続きを見る

 

5.ドライテック

ドライテックは新しいタイプのコンクリートで、特殊な材料が配合されており、水を通す特徴があります。

なぜコンクリートなのに水を通すのかというと、微小な穴が無数に空いているからです。

ドライテックは透水性があるために、普通のコンクリートのように水勾配をつける必要がありません。

日陰であろうと水たまりができることはなく、じめじめした環境にならないので、犬走りを常に快適な状態に保つことができます。

それ以外にも、ドライテックは表面がざらついているので濡れても滑りにくく、転倒による怪我のリスクが低いというメリットも。

しかも、普通のコンクリートと同じように高い耐久性もあり、ほぼ永久に使用することができます。

これだけのメリットがありながら、ドライテックは普通のコンクリートと費用はそれほど変わりません。

ドライテックの施工を注文できる業者はまだ限られていますが、全国に点在しており、「庭コン」で簡単に検索が可能。

また、東京都・埼玉県にお住まいの方には「ドライテック東京」への注文がよりおすすめです。

ドライテックのメリット・デメリットについて【施主目線で完全解説】

「新築のお庭と外構にはドライテックが良いと聞きました。普通の土間コンクリートと比べて何が良いのでしょうか?ドライテックのメリットとデメリットを教えてください。」 今回はそんな疑問にお答えします。 この ...

続きを見る

 

まとめ

犬走りに水たまりができると深刻な弊害があるので、施工前に対策をよく考えておいたほうが良いです。

この記事を参考に、ご自分に合った方法を見つけていただければ、後悔のない選択ができると思います。

もし、犬走りにコンクリートの打設をお考えの方は、ぜひドライテックを検討してみてください。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ドライテックマガジン (BLOG)
-,

© 2022 ドライテック東京 Powered by AFFINGER5