ドライテックマガジン (BLOG)

【欠点】ドライテックは目詰まりを起こします【解消法があります】

こんにちは。ドライテック東京マガジン編集部です。

今回は、ドライテックの目詰まりについての記事を書こうと思います。

ドライテックに目詰まりが起こることによる弊害、ドライテックの目詰まりが起こりやすい場所を紹介して、最後は目詰まりが起きたときの解消法まで解説していきます。

 

【欠点】ドライテックは目詰まりを起こします。

ドライテックの唯一の欠点が、目詰まりを起こすこと。

ドライテックには水を通す隙間(穴)があります。そこに、風で運ばれてきた砂ホコリや土ホコリが入り込んでしまい、それがだんだんと溜まっていくと目詰まりを起こすのです。

ただし、ドライテックの隙間は小さくはないので、多少のホコリなら自然の雨水などで流れていきます。

なので、そう頻繁に目詰まりを起こすわけではないですが、長年放置していると部分的に目詰まりの現象を起こします。

自宅の庭先などでお子さんが土いじりをして汚してしまうケースもあったりします。

 

目詰まりは水たまりの原因に...

目詰まりを起こすと水を通しにくくなってしまうので、結果、雨が降り続けたりすると水たまりになってしまいます。

表面に水たまりができてしまうと、せっかく勾配をつけずに舗装したのに、水たまりで歩きづらい、泥ハネで靴や壁、車なども汚れてしまいますし、カビやコケが生えやすくなって見た目の劣化にもつながります。

 

目詰まりを起こしやすい場所【ドライテックはおすすめしない】

土の場所がすぐ横にある場所です。

一番良くないのは、畑の隣です。1年中風で土が運ばれてきてしまいます。

あとは、公園だったり、お隣さんが土いじりをしたりガーデニングをしている場所だとホコリが流れ込みやすいです。

そういったホコリが舞いやすい場所については、ドライテックはおすすめしないです。

次で紹介しますが、目詰まりのお手入れを頻繁にするハメになるからです。

ドライテックは他の舗装方法に比べてもメリットが多いですが、どんな舗装方法だとしても、お手入れが頻繁に必要になるのは今後の生活で一番の欠点になってしまいます。

勾配が取れるのなら、土間コンクリートかアスファルトにすることをおすすめします。

 

目詰まりの解消法 【お手入れ方法】

高圧洗浄機があれば洗い流すことができます。

高圧洗浄機と言えば、ホームセンターなどで売っている「ケルヒャー」が代表的です。

ちなみに、ドライテックはコンクリートですから、紫外線や暑さ寒さなどでの経年劣化はしません。

アスファルトのように目潰れを起こして透水性が失われる、という心配はご無用です。

高圧洗浄機で目詰まりを取れば、また隙間が綺麗になるので、透水性は元通りになります。水たまりも解消されます。

ドライテックは長年使用していると目詰まりは必ず起こすものです。

なので、ドライテックを選ぶのなら、ケルヒャーの高圧洗浄機も1台購入しておくことをおすすめします。

 

まとめ

ドライテックはメリットばかりではなく、目詰まりを起こすという欠点があります。

原因は風などで舞い込んだ土ホコリや砂ホコリなので、ほとんどは自然の雨水などで流れていきますが、長年使用していると目詰まりがどうしても起きてしまいます。

なので、ドライテックを使用するなら、高圧洗浄機は1台持っておくと良いです。

見た目で何か詰まっているなと感じたら、高圧洗浄機で落とすようにしましょう。そうすることで、大雨での水たまりを事前に防ぐことができます。

また、隣や周辺が畑でホコリが舞いやすい場所であれば目詰まりは起こりやすいです。

ドライテックにするとお手入れの頻度が多くなるので、別の舗装方法を検討することをおすすめします。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ドライテックマガジン (BLOG)
-, ,

© 2022 ドライテック東京 Powered by AFFINGER5