ドライテックマガジン (BLOG)

ドライテックは積雪や凍結は大丈夫?【雪国のドライテックをリポート】

ドライテックは雨水を地中に浸透させることができるため、ゲリラ豪雨などの浸水災害対策として様々取り上げられています。

このドライテックの透水効果は、積雪防止や凍結による転倒対策にも効果があるとされていますが、実際に調査された記事はほとんど見かけられませんでした。

そこで今回、積雪の多い地域でドライテックを施工された方を取材し、雪国でのドライテックの状態・効果についてお聞きすることができたので、ご紹介したいと思います。

今回、リポートした施主様の情報はこちらです。

  • 30歳男性、奥様、子ども2人の4人家族
  • 東北の日本海側(内陸)お住まい
  • 年間積雪量200~250cm
  • カーポート設置は耐雪100cm~が推奨される地域
  • 冬季間の平均最高気温3℃、平均最低気温-5℃

今回の記事については、施主様への質問形式で進めていきたいと思います。

 

ドライテックは雪国でも大丈夫?

結論から言うと、全く問題はありませんでした。

私が住む地域は、毎年積雪が多いのですが、ドライテックの施工が可能な外構・エクステリアショップが近くにあり、施工するための環境は整っていました。

昨年の春にドライテックを施工してもらってから、今回はじめての冬と雪を経験しましたが、見た目も透水性もそのままで、何も劣化もなく、ドライテックにしたから不都合があったというのは全くありませんでした。

後述しますが、むしろドライテックにしたメリットのほうが多くありました。

 

ドライテックは凍結しても割れないの?滑りにくい?

現在のところ、ドライテックの状態は変わらず割れや凹みなどみられておりません。

土間コンクリートなどで起こることがあるひび割れ(クラック)は、ドライテックでは起こりにくく、発生したとしても目立たないであろうと思います。

ちなみに、こちらの写真は、氷点下時でのドライテック表面の状態です

溶けた雪がそのままドライテックの中を浸透して、表面上に溜まらないため、氷が張るようなことがありませんでした

ただ、悪条件が重なると、私の家ではドライテック上でも滑りやすい状況が発生してしまうことがありました。

その条件ですが、

  • 長時間の降雪による日照不足
  • 一日中氷点下の気温
  • 積もった雪を掃かず、踏み固める

です。

ちなみに、これは私の住んでいる寒い雪国での話ですが、これらの条件が重なると、どうしても滑りやすい状況というのは起きてしまいました。

雪が解けるための日光や気温の上昇という条件が発生しないと、ドライテック上でも雪は解けず積もり続けました。

その条件下で踏み固めてしまうと、踏み固めた雪上に氷が張ってしまい滑りやすくなってしまいます。

ドライテックは滑りにくい商品ではありますが、全く滑らないわけではありません

条件が重なると滑りやすくなってしまう、ということを把握しておくことが必要かと思います。

 

ドライテックの雪解けはどんな感じ?早い?

土間コンクリートやタイル、砂利上など他の素材に比べると、雪解けは早いです。

特に、日当たりが良い場所ではより効果を実感できました。

雪解けの経過について、写真をお見せしながらお話しますね。

雪が降った翌朝

これは、1月上旬の午前9時、気温-5℃のときの写真です。

夜間降った雪がドライテック上にも積もっています。

1時間後の状態

次の写真は、1時間後の写真。(同じ日の午前10時、気温-3℃のとき)

氷点下ですが、日光が当たっている部分は既に解け始め、ドライテックが見えてきています

2時間後の状態

そして、そのまた1時間後の写真。(午前11時、気温-1℃)

解けた範囲が広がり、始めに解けた部分は既に乾いている状態です。

4時間後の状態

そして最後は、午後1時、気温1℃のときの写真。

ほぼ全体が解け、靴下で歩いても濡れないくらい乾いていました。

個人的な感覚もあるのですが、雪国で暮らす私にとっては、ドライテックの雪解けは早いと感じました。

 

ドライテックは雪かきしなくてもOK?

雪かきは必要です。

ドライテックは、あくまで「解けた雪が地表に浸透し、その場に溜まらない」効果があるだけで「積もった雪を解かす」効果があるわけではありません。

ドライテック上でも、「氷点下・夜間・豪雪」などの、雪が解けづらい環境下では積もってしまうため、ご注意ください。

 

水で溶かせば流れていくって本当?

これもよく聞く話です。

この説に関しては、実際にやってみたレポートを紹介したいと思います。

水をかければ流れていくのは本当か?実際にやってみた

今回、水をかければドライテック上では雪が流れて消えるのか?、という質問を頂いたので、興味があったので実際にやってみることにしました。

 

①水の準備~その1~

本来であれば、屋外水栓からシャワーをかけて行おうと思っていました。

しかし、下記の写真の通り...

冬の間というのは、豪雪地では屋外水栓は雪に埋まり、水道管自体も凍結し水が出ない状態です。

そのため、今回は水道水を入れたジョウロで水を流すことにしました。

 

②水の準備~その2~

今回、準備したのは園芸用ジョウロ(4L)です。

これに水道水を入れ、何杯かけるとどのくらいの範囲が解けるのか、解けた後の状態はどうなっているのかを見ていきたいと思います。

ちなみに水道水の温度ですが、屋外シャワーが使えた場合を想定し、冷たい状態で行いました。(6.3度)

 

③ 実践

それでは実際にかけてみましょう。

水をかけはじめた部分から、雪は解けてシャーベット状になっていきます。

他の部分と比べ、ドライテックが見えてきています。

そして、ジョウロ1杯分の水をかけた直後の状態です。

わずかにドライテックが見えていますが、ほとんどの場所がシャーベット状の氷で覆われています。

この状態で放置してしまうと、凍結する恐れがあるため、表面の氷がなくなるまで何度かかけてみたいと思います。

その後もジョウロで水をかけ続け、4杯分かけた結果です。

水をかけた部分 (縦1m×横30cm)の範囲は雪が解けていき、ある程度表面が出てきました。

まだシャーベット状になっている部分はありますが、水が溜まっている部分はなく冬季間でも水分が地表に浸透していることが分かりました。

今回の実験を行ってみて、冷たい水をかけても雪は解け、解けた水分が浸透していくことが分かりました。

しかし、実際に行ってみて正直なところ、

水をかける労力に対して解ける量が見合わない」と感じました。

もちろん、屋外水栓からシャワーで水をかけることができれば、もっと短時間で広範囲の雪を解かすことができると思います。

しかし、私の住んでいる所のように積雪が多い地域では、どこも屋外水栓を使うことが難しい環境なのではないかと思われます。

水をかけるために準備するより、ある程度表面の雪を掃いたほうが時間がかからないと感じました。

 

ドライテックで冬(雪や氷点下)を過ごした感想

雪国で住んでいる私が、ドライテックで冬を過ごした感想をまとめると下記の通りです。

・氷点下でもヒビ割れない

・雪解けは早い。けど、雪かきは必要

・凍結しにくい。けど、悪条件が重なると凍結の恐れあり

といった感じです。

以上のように、ドライテックは、雪が降っても氷点下になっても問題なく使用することができて、デメリットはありませんでした。

むしろ冬の場合でも、ドライテックは透水性があるので、雪解けが早く凍結しにくいというメリットだけがあったという印象です。

改めて、ドライテックにして良かったと実感しています。

 

まとめ

今回は、ドライテックに雪が積もったとき、また氷点下になったときの状況について、リアルな声を頂くことができました。

降雪量や気温など地域によって様々ありますが、ドライテックは雪が降っても平気なの?、凍ってひび割れないの?など、気になっていた方の参考になれば幸いです。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ドライテックマガジン (BLOG)
-, ,

© 2022 ドライテック東京 Powered by AFFINGER5